「駆動工具類」ラチェットハンドル等


駆動工具には、ソケットを駆動させるハンドルと、ソケットとハンドルを接続するためのアタッチメントがあり、作業目的や作業場所などにより、最適な組合せを選択して使用します。ハンドルの種類には以下のようなものがあります。

ラチェットハンドルの基本構造

p98_01

ラチェットハンドル

p98_02 p98_03 p98_04

スピンナハンドル

p98_05

スライドヘッドハンドル

p98_06

その他「Lハンドル」「スピ-ダハンドル」「ドライバ型ハンドル」等があります。

プッシュキャンセル機構

ソケットを容易に外すことを目的とした機構です。

p98_13

ソケットの保持(図1-a)

ドライブ角のボールはプッシュピンを押し上げようとするバネの力で支えられています。
ボールはテーパー面で保持されているため、プッシュピンの操作をしなくてもボールを押し込むことができ、ソケットの脱着が可能です。

ソケットの脱着(図1-b)

プッシュボタンを押すとプッシュピンが下がり、ボールが溝に落ちてソケットの脱着が可能になります。この構造では、こじるなどしてバネがボールを押す力以上の力がかかると、ソケットが不用意に外れてしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする