「ソケット・ラチェット」工具の基礎


p1ソケットレンチは、六角ボルト・ナットや六角穴付きボルトを締めつけたり、緩めたりする時に使用する工具です。ソケット部(ソケットレンチ用ソケット)と駆動工具(ハンドルと各種アタッチメント)で構成されており、それらを組み合わせて使います。ソケットレンチ用ソケットは、ボックス状になっており、スパナやモンキレンチとは異なり、ボルト・ナットを完全に抱き込んだ状態で使うので、滑ったり外れたりしにくく、大きなトルクをかけるのに適しています。ソケットレンチ用ソケットと駆動工具に各種アタッチメントを組み合わせることで、手が入りにくい狭小スペースや奥深いスペースでも、容易に作業ができるようになります。

p96_01

ソケット部と駆動工具の組み合わせ方

差込角(凹側)にドライブ角(凸側)を差し込みます。

p96_02

ソケット部と駆動工具(ハンドルとアタッチメント)を組み合わせて使います

p96_03

ソケット部と駆動工具の組み合わせ例

ソケットレンチ用ソケット

p96_04

ソケットレンチ用ソケットはボックス状になった口径部でボルト・ナットを完全に抱きこんだ状態で使用します。反対側の差込角にはラチェットハンドルをはじめ様々な駆動工具を差し込んで使用します。
ソケットは、ボルト・ナットの種類、差込角、サイズによって様々な種類があります。

差込角にとサイズよるソケットの分類

ソケットレンチの差し込み口のことを「差込角」といい、6.3sq.、9.5sq.、12.7sq.、19.0sq.、25.4sq.の5種類のサイズが設定されています。
sq.はsquare(スクエア、英語で四角の意味)の略で、ソケットレンチの差込角のサイズの単位です。例えば9.5sq.の差込角は、四角の二面幅が9.5mm(3/8インチ)になります。

長さによるソケットの分類

p96_05

ボルトの種類によるソケットの分類

p96_06

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする