ナイロンスリングの安全確認


ナイロンスリングの安全確認

重たい物を吊るナイロンスリングベルトは使用前に安全確認を行う必要があります。
点検と廃棄基準の基準表をまとめてみました。
危険性のあるナイロンスリングベルトは絶対に使用しないでください。

点検及び廃棄基準表
点検項目 点検方法 廃棄基準
アイ 目視 ナイロンスリングベルトアイ部確認
(a)織り目が分からないほどに毛羽立ちし、たて糸の損傷が認められるもの。
(b)目立ったきりきず、すりきず、引っ掛けきずなどが認められるもの。
(c)縫糸が切断して、アイの形状が保たれないもの。
縫製部 目視
(a)目立ったきりきず、すりきず、引っ掛けきずなどが認められるもの。
(b)縫糸が切断して、ベルトのはく離が少しでも認められるもの。
本体 目視 ナイロンスリングベルトの本体の確認
(a)全幅にわたって織り目が分からないほどに毛羽立ちし、たて糸の損傷が認められるもの。
(b)1の方向に幅の1/10、または2厚さ方向に厚さの1/5に相当するきりきず、すりきず、引っ掛けきずなどが認められるもの。
(c)縫糸が切断して、幅以上の長さにわたってはく離しているもの。
使用限界表示の露出又は消失 目視 ナイロンスリングベルトの使用限界標示の露出確認
摩耗、きずによってアイ、縫製部又は本体のいずれかの部分において、ベルト内部の使用限界表示が著しく露出又は消失したもの。
その他の外観異常 目視 熱や薬品などによる著しい変色、着色、溶解、溶融が認められるもの。
汚れが著しいために、使用可否が判断できないもの。
使用期間 管理台帳・表示などの確認 使用状況によって一定の使用期限を定め、目立った損傷や外観に異常がなくても、使用開始後の期間がこれを超えるものとし、下記に使用期限の目安を示す。1.常時、一般的な屋内環境(※注1)で使用する場合…使用開始後7年経過したもの
2.常時、一般的な屋外環境(※注2)で使用する場合…使用開始後3年を経過したもの(※注3)※注1:常温で日光(紫外線)のさえぎられた屋内環境
※注2:1日の日照時間が3時間に相当する屋外環境
※注3:使用期限3年とは、常時一般的な屋外環境で使用する場合であり、さらに紫外線や熱の影響する過酷な環境下では、合成繊維の劣化を促進し使用期限は短縮されます。
金具 変形 目視 曲がり、ねじれ、ゆがみんどが認められるもの。
きず 目視 著しい当りきず、きりかききずなどが認められるもの。
き裂 目視 き裂が認められるもの。
検査 目視によってき裂の疑いがあり、非破壊検査(※注4)によってき裂が認められるもの。※注4:非破壊検査は、磁粉深傷試験(JIS Z 2320-1~3)又は浸透深傷試験(JIS Z 2343-1~4)による。
摩耗 計測 摩耗量が、元の寸法の10%を超えるもの。
腐食 目視 全体に腐食が認められるもの、又は局部的に著しい腐食のあるもの。
当てもの 目視 著しく損傷、破損又は変形したもの。

注)メーカーによりましてはリミットラインが無い物もあります。
購入店にリミットラインがあるかご確認ください。
ナイロンスリングベルトリミットライン見本

スリングは別名、ナイロンスリング・ポリエステルスリング・ベルトスリング・スリングベルト・ソフトスリングなどと言われています。